クリエイター入門

イラレってよく聞くけど、Illustrator(イラストレーター)ってどんなソフト?できることのご紹介!

クリエイターがよく使っているソフトでよく聞くのが「Illustrator(イラストレーター)」や「Photoshop(フォトショップ)」だと思います。Adobe社(アドビ)から販売されているソフトで、Illustratorは「イラレ」、フォトショップは「フォトショ」と略して呼ばれたりします。

今回は、Illustratorがどんなソフトかを簡単にご紹介します!

Illustratorで作れるもの

Illustratorがどんな性質のソフトかをご紹介する前に、制作できるものを簡単にご紹介します。

  • 名刺・フライヤー・ステッカーなど印刷物全般
  • ロゴマーク・キャラクター・イラストなどの制作
  • グラフィックの制作
ロゴデザイン・名刺の例
Illustratorはグラフィックを制作するのも得意です。

基本的には上記のように平面的なデザインを作成するのが得意なソフトです。一部、3D機能もありますがオマケ的な機能です。

Illustratorが使えるとグッズが作れる!

このように、Illustratorで作成したロゴデータがあれば様々なグッズに展開することができます。ノート・ステッカー・コップや、Tシャツやパーカーなどあらゆる物に印刷することができるのです。

Illustratorの特徴!拡大・縮小に強い!

Illustratorはベクタ形式という方法で描画します。簡単に言うと数式のような物で記述されているので、拡大・縮小しても同じ見た目を保ちます。

Illustratorは上の画像だとパッと見は同じに見えますが、拡大してみると…

ベクタ形式のIllustratorは拡大しても綺麗な見た目ですよね。これがベクタ形式の特徴です。ラスタ形式の画像はジャギジャギしています。

ロゴやキャラクターなどは、様々な媒体で様々な大きさで使用することが予想される場合が多いのでベクタ形式のIllustratorで制作されることが多いです。

Photoshopは拡大には弱いので、あらかじめ大き目のサイズで制作することで様々な媒体に使用することができます。またPhotoshopの強みはペンタブなどで手描きすることもできるのでアナログに近い表現ができることです。

Photoshopについてはまた別の記事でご紹介できればと思います。

ロゴマーク・印刷物・グッズ制作などをするならIllustrator!

印刷所に入稿するときは、基本的にIllustratorデータを入稿することが多いです。(入稿とは完成したデータを送ること)

また、サイズ変更など修正が生じた際にもすぐに変更できるのがIllustratorの強みです。

最初は少し操作が難しいかもしれませんが、直感的に操作できる部分も多いので慣れてくるととても楽しく、奥が深いソフトです。初心者からプロまで使っている理由がよくわかります。

気になるIllustratorの価格

  • 個人利用 月々2180円(税別)
  • 学生利用 月々980円(税別)

上記はIllustrator単体の価格です。Photoshopやpremiereなど20を超えるソフトをまとめて購入できるお得なプランもあります。しかし、基本的には20もソフトを使わなかったりもするので、そこはお財布と相談という感じになります。

Adobe Illustrator 公式サイト

Illustratorの使い方を学ぶ

筆者はUdemyというオンライン学習サイトでIllustratorの講座を公開しています。動画を見ながら手を動かすのは、本を見ながら学習するよりもわかりやすいです。「あ〜!ココとココの間はどうやったの〜!」という説明書あるあるが大分少なくなります。


もしIllustratorの講座にご興味がございましたら以下のURLから購入すると特別価格で受講できます!

【超入門】初心者からデータ入稿まで Adobe Illustrator でキャラクターを描いてオリジナルグッズを作ろう

Illustrator未経験者でも大丈夫です。簡単なキャラクターを描いてIllustratorの基礎を学びながら、オリジナルグッズの入稿データを制作するスキルを学習しましょう。 

>Udemy イラストレーター講座 特別クーポンURL


サンプル動画はこちら


Illustratorは無料体験期間が30日間ありますので、お試しで使ってみるのもオススメです!

それでは、Illustratorを使いこなしてクリエイターになりましょう!

>Udemy イラストレーター講座 特別クーポンURL

この記事が面白かったらぜひシェアをよろしくお願いいたします!

関連記事

  1. クリエイター入門

    色相・明度・彩度ってなに?色の三属性を学ぼう!

    デザインやアートなどクリエイター活動をしていると必ず出てくる…

  2. 制作ツール

    アトリエ整理整頓におすすめ!バンカーズボックスのご紹介!

    アトリエや作業部屋の整理整頓ってなかなか難しいですよね。配置変えのこ…

  3. Ambiance Paper

    制作ツール

    通販用の商品撮影に最適!小物撮影用の背景紙Ambiance Paperで快適な撮影を

    通販商品の撮影や、SNS用の写真撮影で背景に悩むことはありま…

  4. クリエイター入門

    クリエイターになりたいけど、やりたいことがわからない人へ

    グラフィック・イラスト・WEBデザイン・ハンドメイド…ジャンルはたく…

  5. イベント出展・展示

    はじめてのイベント出展!4 大イベントの傾向と選び方!

    何か作品を作ったら、イベントに出展してみたいなと思う方も多くいるので…

  6. クリエイター入門

    WindowsとMac。パソコンの違いは?どっちを選べばいい?

    WindowsとMacどちらを選んだらいいかという問題は、よく話題に…

スポンサーリンク

CREMAGAとは

これからクリエイターになる人のためのWEBマガジン CREMAGA(クリマガ)。日々のスキマ時間にサクッと読める記事を掲載します。 人に聞きにくいすごく初歩的なことから、クリエイターのリアルな気持ちまで。

CREMAGAライター

渡部学/クリエイター
2015年 株式会社ワンダーマーク設立 2015~2018年 武蔵野美術大学 インターンシップ演習 特別講師 ​2019年現在「もにまるず」「TRFG」など自身の作品の制作をしながら、グラフィックデザイン・WEBデザイン・講師などのお仕事もさせていただいております。 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 2010年度卒。 https://www.watabemanabu.com/

最近の記事

  1. 通販用の商品撮影に最適!小物撮影用の背景紙Ambiance …
  2. ラフスケッチ専用ノート「Roughly (ラフリー)」で快適…
  3. Illustrator(イラストレーター)傾いたオブジェクト…
  4. Illustrator(イラストレーター)で共通オブジェクト…
  5. 一枚からオリジナルTシャツを制作!!ショップ制作も簡単な「p…

スポンサーリンク

  1. Roughly

    制作ツール

    ラフスケッチ専用ノート「Roughly (ラフリー)」で快適なラフスケッチ! 3…
  2. クリエイター入門

    ネーミングを考える5つのポイント!考え方と気をつけること!
  3. クリエイター入門

    クリエイターになりたいけど、やりたいことがわからない人へ
  4. イベント出展・展示

    見やすいイベントブースの作り方 3選!ハンドメイド作家必見!
  5. アートの画像

    モチベーション

    「天才たちの日課」を読んで自分の制作スタイルについて考えてみよう!!
PAGE TOP