イベント出展・展示

はじめてのイベント出展!4 大イベントの傾向と選び方!

何か作品を作ったら、イベントに出展してみたいなと思う方も多くいるのではないでしょうか。今回は、どんなイベントがあるのか、どうやって出展するのかについて簡単にご紹介したいと思います!筆者も何度も参加したことがあるイベントです。

代表的なイベントと、イベントごとの傾向

まずは代表的なイベントをご紹介します!

  • デザインフェスタ (東京)
  • ハンドメイド イン ジャパン フェス (東京)
  • ヨコハマハンドメイドマルシェ (神奈川)
  • クリエーターズマーケット (名古屋)

他にもコミケやコミティアなどまだまだイベントはありますが、今回はアート・デザイン・ハンドメイドや雑貨などを中心的にご紹介いたします。


1、デザインフェスタ

デザインフェスタは東京ビッグサイトで開催されているアート・デザインのイベントでは国内最大級のイベントです。ブース数は4500ブースで出展者数15000人、来場者は5万人を超えていて年々来場者数も増えています。「デザフェス」と略されて呼ばれることが多いです。

アートイベントという括りですが、出展ジャンルは多様でアート・デザイン・工芸・アクセサリー・ファッションなど、どんなジャンルも集まる大きなイベントです。とにかく何でもアリの自由なイベントです!

デザインフェスタ公式サイト


2、ハンドメイド イン ジャパン フェス

ハンドメイド作品の販売プラットフォーム「Creema(クリーマ)」主催のイベントで、こちらも東京ビッグサイトで開催されます。出展者約5500人、来場者は5万人を超えるイベントです。筆者もイベントに出展しているので感じるのですが、こちらのイベントも年々来場者数は増えているように感じます。

傾向としては「Creema」が主催しているというだけあり、ハンドメイドのアクセサリーやジュエリー、陶芸作品、木工作品などクラフト系など職人さん的な作品を販売される方が多く、セミプロやプロの方が出展されているブースも目立つので全体的にクオリティが高いイベントです。

ハンドメイド イン ジャパン フェス 公式サイト


3、ヨコハマハンドメイドマルシェ

ヨコハマハンドメイドマルシェはパシフィコヨコハマで開催されるハンドメイドイベントで、出展ブース2870ブース、来場者数22000人のイベントです。

出展者の傾向はハンドメイドインジャパンフェスに似ていて、ハンドメイドのアクセサリーやジュエリー、陶芸作品、木工作品などクラフト系など職人さん的な作品が多いです。いわゆるアート(絵画・彫刻)などはかなり少ない印象です。

来場者はお子様連れの家族でいらっしゃる方や、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒にいらっしゃるようなファミリー層が多いと感じます。デザインフェスタとは来場者さんの層がかなり違っていて、これは横浜ならではのお出かけの仕方なのでしょうか。

ヨコハマハンドメイドマルシェ 公式サイト


4、クリエーターズマーケット

名古屋の「ポートメッセ名古屋」で開催される東海地区最大級のイベントです。出展ブースは2000ブース、来場者は20000人以上。筆者が出展している体感としてはもう少し多いような気がしますが、会場がビックサイトよりは少し小さいため、そう感じるだけかもしれません。

出展の傾向としては、アート・デザイン・ハンドメイド・工芸など様々なジャンルが集っており、デザインフェスタの名古屋版と言えるようなイベントだと思います。来場者さんはファミリーもとても多いのですが、デザインフェスタにいらっしゃるような熱烈なクリエイティブ好きが集まっている印象を受けます。

クリエーターズマーケット公式サイト


じゃあ、どのイベントに出展すればいいの!?

これが最初はわからないと思います。できれば出展する前にイベントに直接行って雰囲気を確かめてから出展するのがベストです。

だた、それができない場合やなるべく近くに開催されるイベントにすぐに出てみたい!という方に向けて、上記のイベントに合計何十回も出展してきた筆者から少しだけアドバイスを。

とにかくたくさんの人に見てもらいたいならデザインフェスタ!

たくさんの人に見てもらいたいというのであれば、とにかくデザインフェスタです。来場者数、来場者さんの層から考えても、しっかり準備してイベント出展すれば何かしらの反応を得られるでしょう。作家仲間と話していても一番売れるのがデザインフェスタです。(あくまで筆者の周りの方々の感想です。)

ただ、ジャンルごとに分けられてブースが配置されているとはいえ、様々なジャンルが集まるのがデザインフェスタ。ある意味カオスとも言えるようなイベントなので、高級志向の作品には不向きな面もあると感じています。

落ち着いた雰囲気で展示販売したい!

出展者のクオリティが全体的に高いのが「ヨコハマハンドメイドマルシェ」「ハンドメイドインジャパンフェス」です。落ち着いた雰囲気で、周りのクオリティが高いと自分の作品まで綺麗に見えてくるものです。(レベルが高いように見えるように頑張る必要ももちろんあります)

特にアクセサリーやジュエリー、工芸品、繊細な技術を使った作品であれば上記の2つのイベントがオススメです。

兼ね備えているのが名古屋クリエーターズマーケット

筆者はデザインフェスタなど関東のイベントには8年ほど出展しているのですが、名古屋のクリエーターズマーケットに参加しはじめて3年ほどです。

本イベントは、出展者・来場者ともにデザインフェスタに似ているのですが、作品のレベルも全体的に高く、デザインフェスタほどではないですが来場者も多く、良いイベントだなと感じました。出展ジャンルも幅広いので、様々なクリエイターさんに向いている展示です。

まとめ

住んでいる地域によって出展できるイベントは違うと思いますが、とにかくデザインフェスタは最初に出てみるのに一番オススメの展示です。東京が遠い場合は、名古屋クリエーターズマーケットが良いです。

慣れてきたり、会場の雰囲気を重視する作品であれば「ハンドメイドインジャパンフェス」「ハンドメイドマルシェ」に出展してみる、という順番がオススメです。

イベント出展はクリエイターの登竜門的なイベント

筆者もデザインフェスタからはじめて、有名なお店でのお取り扱いが始まりました。実はイベントにはたくさんのバイヤーさんがいらっしゃっているのです。

バイヤーさんに聞いた「バイヤーさんが見ているポイント」はまた別の機会にご紹介できればと思います。

今回のご紹介はあくまで筆者が出展みての感想ということはご了承ください。

それでは、はじめてのイベント出展をしてクリエイター活動の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか!

この記事が面白かったらぜひシェアをよろしくお願いいたします!


関連記事

  1. 反射光の画像

    クリエイター入門

    「反射光」と「陰影の色」を理解してイラストの表現の幅を広げよう!

    イラストやデザインを制作しているとき、陰影の色をどうしような悩むこと…

  2. クリエイター入門

    Udemyで新しい技術を習得しよう!動画学習で効率UP!

    みなさま、新しいソフトや技術を学ぶときはどのように習得していますか?…

  3. クリエイター入門

    Illustrator(イラストレーター)文字のアウトライン化をする方法!

    印刷所にデータを入稿するときに、必ず「文字をアウトライン化してくださ…

  4. クリエイター入門

    委託販売のはじめ方!販売までの流れ・専門用語・気をつけること!

    クリエイター活動をし始めて商品を作り始めると、商品をどこかのお店で売…

  5. トップ画像

スポンサーリンク

CREMAGAとは

これからクリエイターになる人のためのWEBマガジン CREMAGA(クリマガ)。日々のスキマ時間にサクッと読める記事を掲載します。 人に聞きにくいすごく初歩的なことから、クリエイターのリアルな気持ちまで。

CREMAGAライター

渡部学/クリエイター
2015年 株式会社ワンダーマーク設立 2015~2018年 武蔵野美術大学 インターンシップ演習 特別講師 ​2019年現在「もにまるず」「TRFG」など自身の作品の制作をしながら、グラフィックデザイン・WEBデザイン・講師などのお仕事もさせていただいております。 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 2010年度卒。 https://www.watabemanabu.com/

最近の記事

  1. 通販用の商品撮影に最適!小物撮影用の背景紙Ambiance …
  2. ラフスケッチ専用ノート「Roughly (ラフリー)」で快適…
  3. Illustrator(イラストレーター)傾いたオブジェクト…
  4. Illustrator(イラストレーター)で共通オブジェクト…
  5. 一枚からオリジナルTシャツを制作!!ショップ制作も簡単な「p…

スポンサーリンク

  1. UV

    制作ツール

    パテでの穴埋めが一瞬でできる!!光硬化パテの使い方!!
  2. クリエイター入門

    そもそもクリエイターってなんだろう
  3. ideaの画像

    モチベーション

    「アイデアのつくり方」ジェームス・W・ヤング
  4. gradationmesh

    制作ツール

    Illustrator(イラストレーター)のグラデーションメッシュで自由なグラデ…
  5. クリエイター入門

    Udemyで新しい技術を習得しよう!動画学習で効率UP!
PAGE TOP