クリエイター入門

PANTONE指定ってなに?PANTONEカラーの使い方!

印刷物やグッズ制作の依頼時に「PANTONE指定」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。今回はPANTONE指定とは何かいうことについて簡単にご紹介いたします!

PANTONEとは

めっちゃ付箋が貼ってあってすみません

そもそもPANTONEとはアメリカの会社で、その会社が販売しているパントン・マッチング・システムという色見本帳が「PANTONE」と呼ばれています。

この色見本帳は世界で使用されていて、印刷・ファッション・プロダクトデザインなど幅広い業界で基準となっています。

PANTONE カラーブリッジ見本帳 (amazon)

似たようなもので「DIC(ディック)カラー」というものもありますが、それはまた別の記事でご紹介します。

PANTONEの使い方

今回は印刷での使用を想定して話を進めます。

今回使用するのは、「PANTONEカラーブリッジ」という見本帳で、PANTONEの特色とCMYKが並んでいる見本帳です。(よくわからない方は「なんだか便利なもの!」と覚えていただければOKです)

印刷は基本的にCMYKの4色で表現されます。その4色では表現できない色を「特色」と呼び、例えば「蛍光色」や「金銀」などが簡単に思い浮かぶと思います。

CMYKは万能ではなく、赤でも青でも緑でも何色であろうと、CMYKでは表現できない色がたくさんあるのです。

もし「青」であってもCMYKでは表現できない「青」も存在していて、その色を表現したいときに「PANTONE指定」をして色を決めます。(DIC指定も同じです)

このように「青」だけでもいろいろなPANTONEカラーがあり、そこから選んでいきます。

「PANTONE 2736C」にするぞ!と決めたとしましょう。

この「C」とは紙が「コート紙 Coated」ですよという意味です。マット紙とコート紙では色の見え方が違ってくるため分類されています。

マット紙の場合はMatte coatedの「M」

上質紙の場合はUncoatedの「U」

の記号が使われます。一般的には「C」つまりコート紙の見本帳が使われることが多いので購入するとしたら「C」のもので良いでしょう。

さて、2736C(写真左)の横に2736CP(写真右)という色があります。

「C」はコート紙の意味ですが、「P」はCMYKのプロセスカラーで擬似的に表した色になります。「CP」がCMYKで表現できる鮮やかさの限界で、写真で見ても左側のPANTONEカラーの方が鮮やかなことがわかりますよね。

また、数値としてRGBカラー・HTMLのカラーコードの数値も出ていますので、WEB表示するときの色合わせの参考としても使えます。

Illustratorでの指定方法

色を変えたいオブジェクトを選択してから、以下のようにボタンを押します。

「塗り色の横の矢印」→「本のアイコン」→「カラーブック」→「PANTONE+ Color Bridge Coated」

この「PANTONE+ Color Bridge Coated」というのが今回使用している見本帳です。ここを間違えると対応した色が出てきません。

「PANTONE+ Color Bridge Coated」と「PANTONE+ CMYK Coated」は別物の見本帳で互換性もないのでご注意ください。

さて、無事に「PANTONE+ Color Bridge Coated」をすると、このように番号の記入欄が出てきますので、希望の数値を打ち込みます。

すると、このようにオブジェクトをPANTONEの色で指定することができました。

PANTONE指定をする際は印刷会社に必ず確認を!

ただし、このまま普通にWEB入稿をしてしまうとCMYKカラーに変換されて普通の印刷をされてしまいます。

PANTONE指定をして特色を使用する際は、必ず印刷会社にメールなり電話で事前に確認・連絡をしておきましょう。

印刷の世界では「DICカラー」が主流のことも多いので、印刷会社によっては「DICカラー」だけの特色指定を受け付けている場合もあります。

PANTONE見本帳っていくらするの?

amazonでは16,847円です。ちょっと値が張りますね。しかし全ページが1,845色の特色で印刷されているスーパー見本帳ですから、普通に考えたらそのくらいしますよね。安いくらいです。

PANTONE カラーブリッジ見本帳 (amazon)

その他の使用シーン:キャラクターの仕様書に使える

自分のキャラクターを持っていて、ぬいぐるみなど商品展開されることになると、メーカーさんからだいたい必ず言われます。「キャラクターの色のPANTONE指定をお願いします」。

そのような時は「はい!わかりました!」と言って、急いで「PANTONE+ Color Bridge Coated」を購入し、自分のキャラクターデータのCMYK値と近いPANTONE指定をしましょう!

筆者はそのような経緯で「PANTONE+ Color Bridge Coated」を購入し、「DICカラーガイド」も購入しました。私のように焦ることがないよう、グラフィックやキャラクターを制作しているのであれば「PANTONE+ Color Bridge Coated」は一冊買っておいても良いかと思います。

「DICカラーガイド」についてはまた別の記事でご紹介できればと思います!

それでは、PANTONEについてなんとなくわかったところでクリエイターとしての新しい一歩を踏み出しましょう!

そもそもCMKYって何?という方はこちらの記事もご覧ください。

関連記事

  1. クリエイター入門

    DIC指定ってなに?DICカラーガイドの使い方!

    印刷所に印刷物やグッズ制作をお願いするときに、「色はDIC指定してく…

  2. クリエイター入門

    「JPEG」「GIF」「PNG」の拡張子の違いとは?画像ファイルの基本を学ぼう!

    WEB制作やデザインなどをしていると必ず出てくる「.jpg」「.gi…

  3. 制作ツール

    角丸加工が自分でできる!コーナーカッター かどまるPRO!

    名刺やショップカードを角丸にしたいとき、印刷会社に加工をお願いすると…

  4. 制作ツール

    Illustrator(イラストレーター)データを、ひとつのPDFファイルにまとめる方法!

    Illustrator(イラレ)で作成したデータをクライアントにお見…

  5. 制作ツール

    複数のスクリーンショットを一枚の画像に自動で繋げてくれるアプリ!「Tailor」のご紹介!

    WEBサイトの記事や、インスタグラムのフィードを一枚の画像にしたい時…

スポンサーリンク

CREMAGAとは

これからクリエイターになる人のためのWEBマガジン CREMAGA(クリマガ)。日々のスキマ時間にサクッと読める記事を掲載します。 人に聞きにくいすごく初歩的なことから、クリエイターのリアルな気持ちまで。

CREMAGAライター

渡部学/クリエイター
2015年 株式会社ワンダーマーク設立 2015~2018年 武蔵野美術大学 インターンシップ演習 特別講師 ​2019年現在「もにまるず」「TRFG」など自身の作品の制作をしながら、グラフィックデザイン・WEBデザイン・講師などのお仕事もさせていただいております。 武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 2010年度卒。 https://www.watabemanabu.com/

最近の記事

  1. 通販用の商品撮影に最適!小物撮影用の背景紙Ambiance …
  2. ラフスケッチ専用ノート「Roughly (ラフリー)」で快適…
  3. Illustrator(イラストレーター)傾いたオブジェクト…
  4. Illustrator(イラストレーター)で共通オブジェクト…
  5. 一枚からオリジナルTシャツを制作!!ショップ制作も簡単な「p…

スポンサーリンク

  1. スポンジヤスリ

    制作ツール

    便利で長持ちするヤスリ!!スポンジヤスリを使おう!!
  2. イベント出展・展示

    イベント出展!気になる4大イベント出展費比較!
  3. イベント出展・展示

    イベントの搬入・搬出を楽にするアイテムはこれ!
  4. package

    クリエイター入門

    パッケージデザインの3つの役割!作品に合ったパッケージ を考えよう!
  5. クリエイター入門

    解像度って何だろう?画像の基本を学ぼう!
PAGE TOP