イベント出展・展示

ブースの見栄えが良くなる!ブースクロスを作ろう!

ブースの見栄えを良くしたい!作品に合ったイメージにブースにしたい!そんな方は、布にプリントをしてブースクロスを作ってみるのもオススメです。今回はブースカバーの作り方をご紹介します!

ブースクロスの使用例

こちらは筆者の作品の「TRFG」という作品のブースです。1ブースで小さいブースながら存在感を出すためにブースクロスを使用しています。ちなみに後ろにかかっている看板のようなものも、布プリントで作ったフラッグです。

ブースクロスやフラッグのメリット

  • 一目でブースや作品のイメージを伝えることができる
  • 洗濯して何度も使える(パネルはだんだんとボロボロになってくる)
  • 持ち運びが簡単

というメリットがあります!

見た目も質感もサラサラしていて上質な感じがします。

持っていくときは、アイロンを掛けてから巻いて持っていく

デメリットとしては、折りたたんで持っていくと折り目がついてしまうので、事前にアイロンをかけて、長い筒状のものに巻いて持っていくと良いでしょう。

アイロンがけの際は必ず当て布をご使用してください。

ブースカバーの作り方

コミグラという、「印刷のグラフィック」という印刷会社が運営しているサービスを利用してブースカバーを制作します。

「ブースクロス」というものを選びます。

こちらのサイトの画像では、このように縦半分は机の上、縦半分が垂れ下がるようになっていますが、筆者の場合は大きい机にブースクロスを取り付けるため、横にしてデータを作成し、最大限の大きさで使っています。

上の布部分はまた別のクロスを使用しています。見えないように養生テープで机に貼り付けています。

データはIllustratorで作成します

こんな感じのデータです。大きいのでトリムマーク(トンボ)が見えませんが、ちゃんとトリムマークも作成しています。

トリムマーク(トンボ)ってなに?ということはまた別の記事で書きますね。

コミグラで注文をしたら、データをWEB上でアップロードすれば完了です。

デザインで気をつける点は、細かい文字はあまり入れないこと。あくまでもブースの下の方にあるクロスなので、情報を入れ過ぎずにさっぱりしたデザインにしておくといいでしょう。

ブースの存在感を出したいならぜひブースクロスを!

ブースを目立たせたい、イメージを伝えたいという方はぜひブースクロスを検討してみてはいかがでしょうか。イベントによっては使用でできる布に限りがありますのでご注意ください。

それでは、ブースクロスを導入してブースの存在感を出して、クリエイターとしての新し一歩を踏み出しましょう!

関連記事

  1. Boxpacking

    イベント出展・展示

    イベント時に便利!!何度も使えるダンボールの閉じ方!!

    デザインフェスタやハンドメイドイベントに出展する際、商品をダンボール…

  2. イベント出展・展示

    イベント出展!気になる4大イベント出展費比較!

    はじめてのイベント出展!イベントの傾向と選び方!こちらの記事…

  3. イベント出展・展示

    ハンドメイド作品の値段の決め方・考え方

    クリエイター活動を始めて、値段の決め方って誰もが悩みますよね。デザイ…

  4. グッズの画像

    イベント出展・展示

    SWEAT.jpでオリジナルグッズを作ろう!! Tシャツ・パーカーなど!!

    Tシャツ・パーカー・トートバッグなどを印刷会社に注文したいとき、どの…

  5. イベント出展・展示

    見やすいイベントブースの作り方 3選!ハンドメイド作家必見!

    初めてデザインフェスタやハンドメイドのイベントに出展する方は、ブース…

  6. イベント出展・展示

    イベントに来るバイヤーさんはココを見ている!

    デザインフェスタやハンドメイド系イベントには、実はお店のバイヤーさん…

スポンサーリンク

CREMAGAとは

これからクリエイターになる人のためのWEBマガジン CREMAGA(クリマガ)。日々のスキマ時間にサクッと読める記事を掲載します。 人に聞きにくいすごく初歩的なことから、クリエイターのリアルな気持ちまで。

CREMAGAライター

渡部学/クリエイター
2015年 株式会社ワンダーマーク設立。​2022年現在「もにまるず」「Ambiance Paper」「TRFG」などオリジナルブランドの運営をしながら、グラフィックデザイン・WEBデザイン・Udemy講師などをしています。武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科 2010年度卒。
https://www.watabemanabu.com/

最近の記事

  1. 通販用の商品撮影に最適!小物撮影用の背景紙Ambiance …
  2. ラフスケッチ専用ノート「Roughly (ラフリー)」で快適…
  3. Illustrator(イラストレーター)傾いたオブジェクト…
  4. Illustrator(イラストレーター)で共通オブジェクト…
  5. 一枚からオリジナルTシャツを制作!!ショップ制作も簡単な「p…

スポンサーリンク

  1. クリエイター起業

    クリエイター起業をするなら読んでおきたい一冊!マイケル・E・ガーバー「はじめの一…
  2. クリエイター起業

    クリエイター活動をはじめるときに考えておきたい3つのこと!
  3. 制作ツール

    複数のスクリーンショットを一枚の画像に自動で繋げてくれるアプリ!「Tailor」…
  4. Boxpacking

    イベント出展・展示

    イベント時に便利!!何度も使えるダンボールの閉じ方!!
  5. package

    クリエイター入門

    パッケージデザインの3つの役割!作品に合ったパッケージ を考えよう!
PAGE TOP